走行状況に応じてエンジンの補助として動いている

地球の環境問題が全世界的に話題にもなっています。この話題が出てからかなり年数が経ってはいるのですが、依然としてその状況が改善されていないのが現状となっています。今後もこのようなことを意識しながら、私たちは生活をしていかなければならないことが予想されます。

 
車を運転すること自体も、現在におきましては環境汚染につながっていると言わざるを得ない状況にあります。原動機となるエンジンを化石燃料を使用して作動させますので、どうしても温室効果ガスを排出する事につながっています。このことは自動車メーカー側も承知しており、その対策が急務ともなっているのです。

ドラム
そこで考え出された方法がいくつかあるのですが、その中にハイブリッド車というものがあります。このハイブリッド車は原動機を2種類保有するというような車の構想なのです。通常のガソリンを使用する原動機の他に、電気モーターによる原動機を持ち合わせることが一般的になっています。特にその中でも電気モーターの役割とは、そのもう一つの原動機を補助するという役割があるのです。発進時や低速時にモーターで走行を補助することで、ガソリン等の化石燃料の使用率を下げるという、重要な役割があるのです。

Comments are closed.