大型化に適しているディーゼルエンジン

“ディーゼル車と言うと単に軽油で動く車と言うだけで、燃料の違いぐらいしかないのではと思っている人もいるかもしれませんが、
エンジンの特徴はガソリンエンジンとは異なる点が多いのです。
では、ディーゼルエンジンとは一体どのようなものなのでしょうか。

ディーゼルもガソリンもエンジンの基本構造にはほとんど違いがありません、
しかし、その他の補記部分では大きな違いがあります。
ガソリンを使用するエンジンは、スパークプラグを使い火花を起こして混合気を燃焼させるため、
自然発火しにくいガソリンを使いますが、ディーゼルの場合は自然発火によって燃焼させるため、
着火点の低い軽油を使うのです。

ディーゼルの場合、ガソリンエンジンに比べ大きなトルクを発揮しやすいと言った特徴があるため、
低速域では加速が良いといった特徴があります。
しかし、ディーゼルはエンジンの回転を早くすることに対しては不得意なため、高速域では、
あまり速度が伸びません。
また、ディーゼルはガソリン車に比べ高精度、高耐久性が求められるため、コストがかかり、
車重が増す傾向にあります。

しかし、その反面、頑丈であるため大型化するには適した仕組であり、また低速でトルクがあると言った点や、
高速域での性能を求められない、更に車体に対してエンジンの重さの影響が少ないトラックなどには、
メリットの方が大きいので、ディーゼルがは大型車に搭載されることが多いのです。”

Comments are closed.