発進するときはバッテリーからの電気で主にモーターを使う

ハイブリッドカーはエコで低燃費な車で人気が高いです。

 

ハイブリッドカーの発進はメーカーによって2つの方式があります。1つは、最初はエンジンを停止したままでガソリンは使われずに、バッテリーから電気が供給されてモーターのみで走り、ある程度のスピードになったらエンジンがスタートする方式、もう1つは、エンジンは始めから動作させるものの、低速時にはモーターの力を中心にして、高速になるにつれてエンジン中心になる方式です。いずれの方式でも、最初は電気中心になります。

 

車のエンジンは、高回転をしている時は大きなトルクを発生させることが出来ます。しかし、低回転には弱く、効率よくトルクを発生させることが出来ません。そのため、走り始めてからすぐの低速走行時は効率が悪い中で加速をするために、通常速度の時よりもガソリン消費量が多くなり、燃費が悪化してしまいます。

 

一方、電動機はエンジンが苦手としている低回転域において、効率よく大きなトルクを発生させることが出来ます。ハイブリッドカーでは、十分な加速力を発生させることが出来るように、大きな電流を流すことが出来る高性能なバッテリーを搭載しています。

 

このことによって、ガソリン車では燃費が悪くなる加速時でもハイブリッドカーでは低燃費になり、なおかつ排気ガスの発生が少なくなって低公害にも貢献しています。

サックス01

Comments are closed.