最近注目のクリーンディーゼル車

クリーンディーゼルとは「ポスト新長期規制」という排出ガス規制の基準に適応する、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX )の排出量が少ないディーゼル車のことを言います。

 

そもそも、ディーゼルエンジンは落花生油を燃料として動かすことを想定して作られており、着火点が低い油を圧縮熱で点火することでエンジンを動かします。そのため、精製度の低い軽油でも動かすことが出来ます。

 

軽油は通常のガソリンと比べて20円程度安いため燃料費を浮かすことができます。

 

また、エンジンの構造より燃費がガソリン車と比べて良いです。

 

これはガソリンエンジンの熱効率が30%程度に対して、ディーゼルエンジンの熱効率が35%から38%と言われており、ガソリンエンジンよりも5%から8%程度熱効率が良いためです。

 

そのため、温暖化の原因と言われる二酸化炭素の排出量も少ないと言われています。

 

しかし、今までのディーゼルエンジンは前述したように粒子状物質や窒素酸化物の排出により空気を汚す原因となっていましたが、技術の進歩によりこれらの排出量を大幅に減らすことができました。

 

また、前述したように元々は落花生油での走行を想定していたエンジンであるため、いざ、石油が枯渇した場合でも植物からの精製油で走ることが可能なのも魅力の1つです。

Comments are closed.