プレイグニッション・ノッキングなどの危険がない

自動車のエンジンには、いくつかのタイプがあります。エンジンの種類について正確に理解しておくことは、自動車に乗る人にとっては常識と言えることです。自動車を専門とする仕事に就いている人でなければ、細かい部分まで理解することは不要ですが、ある程度の知識は身につけておかないと、何かあった時の対応に困ってしまうことがあります。

エンジンの一種に、ディーゼルエンジンというタイプがあります。ディーゼルエンジンは、環境にあまり優しくないものだとされ、近年では敬遠されることが多いものです。しかし、従来はディーゼルエンジンを使用した自動車が多数ありましたし、現在でもディーゼルエンジンの自動車が使われることはあるのです。必ずしも、悪いことばかりではなく、ディーゼルエンジンへの見方は変わりつつあります。

ガソリンエンジンで高い出力を得ようとする場合、シリンダの直径には限界があるため、難しいことが多いのですが、ディーゼルエンジンであれば、シリンダを大型化させることが可能であり、また、部品も少なく済ませることができるメリットがあり、信頼されているのです。そして、ディーゼルエンジンは、プレイグニッションやノッキングの危険がほとんどありません。特に、ノッキングの心配が無い点は評価されています。

Comments are closed.